吊し柿(2018年10月30日)





もう、ストーブ焚いています。

この間まで、あんなに暑かったのに。

今年は灯油が高いそうで、不安です。厚着をすれば肩がこるし。

北国では以前は、各家の庭に柿の木を植えていました。

それも渋柿です。

甘柿を植えても、なかなか甘くならないんですよ。

この渋柿を秋に収穫し、皮を剥いて軒下に吊して干します。

いわゆり渋抜き、干し柿作りです。

冬の期間の貴重な食料、甘味でもあったんですね。

この景色がとても好きです。剥き立ての柿の色が秋に陽に輝くのはとても情緒があります。

ですから、毎年やっています。

実はあんまり食べなくて、カラスに食われてしまうこともあるのですが、それでもやります。

今年は早めに食べて、カラスの餌にはしないようにしましょう。

まあ、こんなふうけいです。

















お問い合せ
〒029-4501 岩手県胆沢郡金ヶ崎町六原東町50-36
さわはん工房 澤藤範次郎
TEL/FAX:0197-43-3397


遠方の方は、電話でお確かめの上、お越し下さい。